忍者ブログ
[482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472
最近はバンドが多いのでバンドが続きます


wikiなんかの編集もしているじんじゃーさんのチーム

一番手イライザ:ダイブオブホルス
二番手ビッグバンド:中ビートエクステンド(相手によっては強ナックル)
三番手セレベラ:セレコプター


後衛2人は前回の構成と一緒だが、強ナックルが攻めのアシストならば、
ビートエクステンドは守りのアシストといえる


イライザにはアッパーカートという打撃無敵の技があるが使い勝手が悪く守りに不安が残るのでそれをビートとセレコプによって補う形になる。ピーコックやダブルなど横方向に強い相手には強ナックルに変えて対応していく
ビートエクステンドは弱中強それぞれ違う性能を持っているのでアシストに設定するときには吟味したい
弱は打撃無敵だが入力直後の1Fに無敵がなく、アシストに使うと着地から3+1Fで4F無防備になる。中は打撃無敵で入力直後から無敵だが、弱よりも2段目(上に広い)の判定が出るのが遅い。強は完全無敵だがアシストは元々投げ無敵なので利点はない、1段目が横には広いが2段目の出るのが遅く対空には不向き
対空に強いのは弱だが全局面に強いのは中だと思われる
セレコプターはアッパーと複合して出すと打撃無敵技から崩しの起点が作れるようになるので攻めと守り、両方の強化につながっている


イライザは基本的には先鋒をKO出来るまではゲージは吐かない、というよりは吐けないのでゲージタンクになる。イライザを使用する際気をつけるのは最大ダメージである強スパイラル>レディオブスローターが空中フィニッシュのためディレイドする後衛がしっかり追撃できないといけない事、アッパー>ネクベトブレイカーを使うことによって地上に下ろせるがこちらはダメージが下がる。バンド・セレベラともにスローターから追撃が入るのでその辺りも考えた構成といえる

イライザ>バンドに交代が成功すれば前回同様セレベラに交代だが、ナックルアシでない場合セレベラだとベオウルフやロボフォーチュンが捕まえにくくなってしまうので、あえて交代せずに出現攻めで相手に貼り付いて距離を取られないようにするのも選択肢の一つ。
注意点はセレベラで複合バトルバットを使う際にビートアシをしゃがみガードされると不利を背負ってしまう点である。中ビートならば確反技はないが、弱ビートを使うと弱攻撃が確定するほど不利を背負ってしまうので注意したい。アーマー付きのナックルならあまり怖くないアドキャンも連携で使うとまとめて食らってしまうので気をつけよう
とはいえビートアシは相手のアシストを中央であってもまとめて巻き込める事や、画面端でもガードさせると引き寄せ効果によって後ろにスペースを作ったりでき、ナックルにはない利点も多々持っているので使う際にはぜひ研究してみてもらいたい


イライザとバンドには安全交代が存在しないのでかなり安定性を欠くが、画面端でのイライザの高火力に特化したチーム編成といえるだろう
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[07/14 フェンディ コピー]
[11/11 NONAME]
[10/30 NONAME]
[09/30 Fan]
[09/08 とやま]
プロフィール
HN:
ばいけん(代理)
性別:
男性
自己紹介:
スカルガ大好き
ついった
https://twitter.com/baiken330
ニコ生コミュ
http://com.nicovideo.jp/community/co1618072
ブログ内検索
忍者カウンター
Copyright (C) 2017 SSKB 2nd encore+ All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]