忍者ブログ
対の選択肢が弱いってのがヴァレさんらしい



【ヴァレさんの空バ誘い連携】
基本的に打ち上げてからちょいと遅らせ使用済みバックジャンプJLPかJHK



バースト確認後にキャンセル強サベ>着地MK>2HP>エリアルとかそんなん

対の択は補正切り空中投げ>空中メス>~
ゲージがないとできないのが困り物 その上、やすい



【地上バースト誘い連携】
紫毒か橙毒の後に、使用済みLP>HP振りかぶりキャンセル毒補充



LPでバーストを誘ってHPの振りかぶり時のモーションと
補充のモーションでバーストを避ける




ヴァレが一人しかいないって時は補充スパキャンメス


メスの後にダッシュ2MKが間に合う
重いキャラには無理っぽい


また後衛がいる場合は
LP>HP振りかぶり>アシスト>毒補充でゲージを使わずに反撃可能




あいてはしぬ
アシストを使ったバースト潰しの利点は、相手がバーストしなかった場合でもアシストを盾にした攻め継続が出来る点
やはりヴァレダブルはさいきょう……

ホーネットで反撃してるけどヴァレと相性のいいセレコプターやアップドゥアシでも反撃可能
なおピラーは届かないもよう


地上バースト誘いの対の選択肢である補正切りは、毒注射の後に2LKか投げ
注射後には大きな有利Fがあるので2LKで補正を切る場合は少し遅らせる必要がある
まぁ繋がったとしても全く問題はないんですがね


まぁこんなもん
PR
ヴァレンタインの5ゲージ技 
フォービドゥンプロシージャー:リバースエクスマキナ

やられた仲間の体力を33%回復させ復活させる技

2ヒット技だが1ヒット目にヒットストップとダメージが無い
2ヒット目が単発4000ダメージで当たった相手を上に吹き飛ばし追撃可能
発生は遅めで暗転前に無敵無しだが発生する無敵自体は長い
通常技からのキャンセルではつながらず、飛び道具やサベージバイパスからのスーパーキャンセルでないとダメ
ガードされた場合も硬直が大きい


PC版では1コンで相手を落とすのが難しくなってゲージが溜まりやすくなったから
チーム戦時に5ゲージ溜まる状況が発生しやすくなったと思う

5ゲージ溜まったヴァレに対して、相手が倒れた味方の近くにいてそこから動かない場合はおもむろに注射補充
攻めてくるなら0フレ当て身でとりに行ったりとか
相手を動かすことが出来るのも強いかもしれない

で、ヴァレさんが5ゲージ持ちででてくるためには先鋒がゲージを使わずに頑張れるキャラでないといけないわけで
元々の相性やらを考えるとゲージが使う機会の少ないダブルかな、と

今回のダブルはルガーレプリカの全体フレーム短縮とパラソール前ステップのおかげで遠近共に強化されたと思う
遠距離と近距離のどちらに比重を置くかでヴァレのアシストも決まるわけだけど
遠距離戦ならルガーと一緒にデッドクロスやらサベージバイパスやら
ヴァレが一人になってもすぐに注射が使えるようにバイタルハザードでもいいかも
近距離戦ならそこそこ拘束力のある下段の2MKか投げ系
ver1.01のステップに当たる新技のフレッシュステップで後ろに回りつつ近距離アシストを出すと、アシストが相手の背後から攻撃するのでアシストが殴られる心配がほとんど無くなる

ダブル側のアシストは……弱か中ホーネットでいいんでね?(なげやり)


コンボとしては
2LK>2MK>HK2>弱or中サベ>エクスマキナ>拾ってエリアル>EKG〆
端だとこれで9000dmg前後
味方の復活と相手への攻撃を同時に行えるように位置やら距離やらを調整するのが大事ネー


とまぁ5ゲージ技を使いたいあまりちょっと極端な戦術を考えてみた
先鋒ダブル、後衛ヴァレンタインチームいかがっすかー
そこそこやれますよ、これ
つっても調整の入ったところがコンボとは関係の無いところばかりなのでver1.01の使い回しが可能
というわけでヴァレインタインタグの記事もみてみてね!
※8/6パッチ後の内容のため今後出来なくなる可能性があります※


【1.01からのおもな変更点】
・デッドクロスのガードスタンFが2F短縮
・バイタルハザードが充填するごとに強化されるように(最大三回)
(ver1.01の毒の効果がLv2相当、Lv3毒はより強力になりヴァレが攻撃をくらっても解除されない)
・地上チェックメイトシンシジョンのディレイド受付Fが長く
・空中チェックメイトがガードされたり外した場合、再行動が可能になるタイミングが12F遅く
・当て身技2種の発生が0Fに
・当て身技2種の持続が短く
・バイタルハザードを一度でも補充してカウンターヴェノムを成立させるとLv3毒の効果が適用されるように
・カウンターヴェノム自体のダメージアップ、ヒットストップ大幅増

これだけ・・・?



・下段始動
2LK>MP>MP派生>MK>HK3  1767dmg
2LK>2MK>HP>強サベージ>EKGフラットライナー  4432dmg


・下段始動エリアルルート
2LK>2MK>2HP>JLP>JMP5>JHP>
(着地)微ダLP>MP>HK3

3224dmg

2LK>2MK>2HP>JLP>JMP5>JHP>強サベージ>EKG

4122dmg



・ちょっと長い下段エリアルルート
2LK>2MK>2HP>JLK>JMP3~4>JHP>
(着地)微ダJLP>JMP2~3>JHP>LP>MP>MP派生>
MK>HK3

3900dmg


・移動投げ始動
モーチュアリードロップ>EKGフラットライナー  3413dmg


・当て身始動
アクイジティブプリスクリプション>毒補充>2HP~

カウンターベノム>2HP~



・ながくて運ぶ下段始動(中央)
2LK>2MK>2HP>JHP>adcJMP>JHP>(着地)微ダJLP>
JMP>JHK>(着地)微ダLP>MP>2HP>JLK>JMP>JHP>
(着地)(キャラ限で微ダ)HK3

4864dmg


・ながーい毒補充済み端コン
2LK>2MK>2HP>JHP>adcJMP>JHP>(着地)JLP>JMP>
JHP>(着地)JLK>JMP>JHP>MP-MP派生>2MK>HP>
強サベージ>HK3>弱サベージ>2LP>HK2>注射>2LK>
MP-MP派生>2MK>HP>強サベージ>EKGフラットライナー

8800dmg(LV1紫毒の場合)
ダブルには無理


・ながーい投げ始動コン
モーチュアリードロップ>低空チェックメイト>adcJMK>JHK>LP~
火力の低さをネタで補う、それが!
いやヴァレも端で1ゲージ10000とかあるんだけどね
中央の場合は安くなったり状況が悪くなるからどうしてもね


・空中ダッシュJLK
一番知られてる補正切り
JLKは相手を引き込む性質があるのでダッシュ慣性をつけつつ当てると
相手の後ろに着地することが可能

こうすると


こうなる


対の選択肢として、着地する相手の下をくぐって表にすることも可能


着地してから空中投げも狙える



・JMK1>JHPスカらせ着地
JMK1段目は下方向にベクトルがかかるので空中コンボの降り際でJMK1からJHPかJHKにつなぐと技が出ないまますぐに着地する
JMK1のヒットスタンFは短いので下段、低ダJMP、投げで補正切りが可能


・低ダJMP(中段)
ぼっ立ちから出せる中段
後ろ入力+P2つでバクステをだし、P2つを3連打するとでやすい
バクステがでた直後に後ろレバー入力をやめる

これの応用でJMKを出すと判定が横に伸びる


・JHK1>adc空中投げ
ネタ
空中ダッシュを行っているので端以外では追撃が出来ない


まぁこんなとこで

【端コンボに使えそうなパーツ1】

・地上でサベージヒット>(赤バン)HK3>弱サベ>LP~
対応キャラ:髪、腕、銃、傘

・地上でサベヒット>(赤バン)HK3>弱サベ>2LK~
対応キャラ:猫、痛、看

ダブルは無理!


【パーツ2】

・2HP>JMK2>JHK2>強サベ>チェック>(着地)2LP
対応キャラ:髪、腕、銃、傘、猫、痛、看

痛はJMK1>JHK2がいいかもしれない

・2HP>JMK2>JHP>デッドクロス>チェック>(着地)2LP
対応キャラ:W


【詐欺飛び】
HK3>注射補充>相手方向斜め上にいれっぱ>飛んだら即2段J>JHP

でもフェンリルには負ける
おのれ!

JHPに当て身を仕込めるけど発生が4Fの現verでは使いづらい
発生1Fになる次verに期待



明日のソルティカップケーキでDLC投票結果が発表されるんですって!
要チェックや!
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[07/14 フェンディ コピー]
[11/11 NONAME]
[10/30 NONAME]
[09/30 Fan]
[09/08 とやま]
プロフィール
HN:
ばいけん(代理)
性別:
男性
自己紹介:
スカルガ大好き
ついった
https://twitter.com/baiken330
ニコ生コミュ
http://com.nicovideo.jp/community/co1618072
ブログ内検索
忍者カウンター
Copyright (C) 2017 SSKB 2nd encore+ All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]