忍者ブログ
[472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462
このゲームはキャラ毎に重量が設定されていて
公式には

・中量級
フィリア/ピーコック/フォーチュン/ペインホイール/ヴァレンタイン/フクア/スクィグリー
・重量級
セレベラ/パラソール/イライザ/ベオウルフ/ロボフォーチュン
・超重量級
ダブル/ビッグバンド

となっていて、重量でコンボを使い分けたりしますが
まことしやかに語られているのが「中量級の中に軽量級が存在するんじゃないのか」という事です
具体的にはピーコ/ペイン/ヴァレ/スクィ辺りが軽くて「コンボがしづらい」「専用のコンボルートが必要になる」「高く打ち上がる」などの理由から軽量級ではないかと思われているようです

検証しようにもこのゲーム、背景に奥行きがあってパースなどが異なりカメラもかなり動くので正確な高さなどがいまいちわからなかったんですが、ver1.04に際しトレーニングモードに「格子」という項目が付きました
「格子」をオンにすると

このようにキャラの立っているZ軸線上に正方形のマス目が表示されます
この機能により、背景・カメラに惑わされることなく位置を測定することが可能になりました!
ということで「軽量級は存在するのか」をテーマに色々測定した結果をお知らせします
主に軽い疑惑のある4キャラについて調べています

下降速度を調べる
コンボをしていて重さの違いで一番感じるのはその下降速度です
早く地上に落ちてしまってコンボがつながらない、逆に地上食らいになってつなぎやすくなるコンボなどもあります
まずはそこを調べたいと思います

下準備として

キャラの中心軸の◆を格子の線に合わせます
他のキャラも同じように
 
合わせておきます、これでキャラ毎の判定によるズレは無くなるはずです

この状態からパラソールのアウトテイクを当て、跳ね返ってきた位置を計測します
違いをわかりやすくするために

元となるフィリアの画像の色相を180度ずらします
そして上からキャラ毎の画像を

透明度50%にして重ねます
重ねて見てみると…

こうなります
完全に一致している部分は補色関係からグレーになります、位置がずれている部分だけに色がつくわけです
クリックして拡大してみるとわかりますがほとんどずれていません 、わずかに1,2ドット程度なのでこれでコンボに支障が出たりするとは思えない差です

他のキャラでもやってみます

スクィグリー ヴァレンタイン
ピーコック  セレベラ
の順番です
中量級の3キャラについてはほとんどずれがないと思います
わかりやすく重量級のセレベラで計測すると明らかに違う位置でバウンドしているので、重さが違うことが明確になったと思います

以上の計測から導かれたのは
中量級の中ではキャラによる下降速度に違いはほぼ無い」ということです
次の記事で「打ち上げ高度」の計測を行いたいと思います

つづきます

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/14 フェンディ コピー]
[11/11 NONAME]
[10/30 NONAME]
[09/30 Fan]
[09/08 とやま]
プロフィール
HN:
ばいけん(代理)
性別:
男性
自己紹介:
スカルガ大好き
ついった
https://twitter.com/baiken330
ニコ生コミュ
http://com.nicovideo.jp/community/co1618072
ブログ内検索
忍者カウンター
Copyright (C) 2017 SSKB 2nd encore All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]