忍者ブログ

録画は1試合毎なので、チャンネルかユーザーページから見たい試合を探してください

エキシビジョンマッチ
1 理解 vs Shademoneh 1-2
2 しだま vs Duckator 0-2
3 KST vs Saske 0-2
4 真城 vs Wingzero 1-2
5 天羽 vs Cloudking 0-2
エキシビジョンマッチ・日本のメンバーは選出と希望者を募って集め、アメリカのメンバーはdekillsage選手が選出したものですが、過去のEVO覇者や大会上位常連などそうそうたる面子が揃っていますね…
理解選手、真城選手などがかなりの健闘を見せましたが、残念ながら日本チームの全敗ということになってしまいました。さすがの実力といったところです


メインTOP5マッチ
メインTOP5マッチ・日本アメリカ共にトッププレイヤーを選出したものです。アメリカ側にはプロプレイヤーもかなり見受けられます
1 蛇薔薇 vs cR SonicFox 1-3
蛇薔薇選手は段位戦のトップ、アメリカのSonicFox選手は言わずと知れたEVO2015覇者。1試合目蛇薔薇選手が難なく勝つとアメリカの視聴者も少なからず驚いたようです、その後の試合は序盤は蛇薔薇選手が優位に進めるものの後半SonicFox選手が盛り返す場面が多く、地力の強さを見せつけた試合展開になりました。
結果は1-3でSonicFox選手の勝利

2 ささみ vs RK Dolfinh 0-3
ささみ選手は配信などで活躍している上級プレイヤー、アメリカのDolfinh選手は大会上位常連の実力者。ささみ選手が先手を取っていいところまで追い詰めるものの、Dolfinh選手が綺麗に切り返してそのまま落としてしまう、という展開がかなり見られました。Dolfinh選手のアドキャン精度やここぞという場面の思い切りの強さが光りました。
結果は0-3でDolfinh選手の勝利

3 じんじゃー vs SwiftFox-dash 3-1
後がない日本・じんじゃー選手はwikiの編集などもやっている上級プレイヤー、アメリカのSwiftFox選手はEVO2015準優勝で世界で1,2を争うピーコック使い。SwiftFox選手のピーコックに対してじんじゃー選手のイライザ+バンドナックルアシはかなり対シューティングとして機能する組み合わせになります。1試合目、じんじゃー選手が追い詰めるもののセレベラ3ゲージからの逆転を許してしまう、2試合目も似たようなシチュエーションから逆転されかけるがディレイドでアーマーを潰してなんとか勝利。その後もピーコックをなんとか抑え込み勝利へとつなげました。
結果は3-1でじんじゃー選手の勝利

4 159man vs XGN McPeanuts 3-1
159man選手は実力なら日本一ではないかと目されるプレイヤー、アメリカのMcPeanuts選手は大会上位常連で159man選手のファンでもあり、そういうつながりもあってこの組み合わせになったようです。
機動力のないスクィグリーはピーコックのシューティングが苦手だと思われがちですが、Lv2センターステージの拘束力を上手く使い間合いをガンガン詰めて確反やラッシュで相手を沈めるというのが159man選手のプラン。1試合目は159man選手が難なく勝利し2試合目はMcPeanuts選手も意地を見せ取り返すも、その後は159man選手の火力差を活かしたコンボや立ち回りが光りました
結果は3-1で159man選手の勝利

5 SIG vs cR dekillsage 2-3
2-2で迎えた決勝・日本のSIG選手は2度大会でも好成績を修めているプレイヤー、アメリカのdekillsage選手はEVO2014覇者・先日のNECでも優勝した世界一と目されるプレイヤー。過去大会でも何度も対戦している2人の因縁もあり最終戦にふさわしい組み合わせになりました。
1試合目?ロビーの不良で配信外の戦いになってしまいSIG選手が勝つもこれは無効試合に。今回SIG選手は先鋒フクアではなくロボフォーチュンというシフトで、dekillsage選手のフクア・セレベラというそこまで機動力のないコンビに合わせたチーム編成なのかもしれません。
その後試合は拮抗し2-2になったところで、「無効試合でもSIG選手が勝ったのだから勝ちでいいよ」とdekillsage選手が抜けてしまうというハプニングがありましたが戻って再試合に。結果はチーム編成を変えたdekillsage選手が勝利し2-3でアメリカ側の勝利で終わりましたが、視聴者側でも「3-3で引き分け」などの声もあり、互角の勝負で幕引きというカタチに落ち着いたのかなと思います。


その後多人数ロビーでアメリカ日本双方のプレイヤーが交流戦を1,2時間行い、無事イベントは終了しました。今まで日本ではラグの多い対戦は避ける傾向にあり、このような機会は双方にとてもいい刺激になったのではないかと思います。
年末の忙しい中言葉の壁や時間の壁を越えて企画した日本アメリカ双運営に感謝し、またこのようなイベントがあればぜひ協力したいですね
PR
もうすぐ明日のことですが、1/4の日米交流戦の内容が決定したようなのでここにも詳細をアメリカ側のメンツがまずすごいですが、個人的には日本のメンバーも全然負けてないと思ってます!
ネットワークラグも含めての対戦になるので題名の通りガチンコというよりはエキシビジョンの色合いが強いイベントになり、勝ち抜き戦ではなく順に1vs1をこなす星取り戦になります。
企画協力して頂いた関係者に感謝し、いいイベントになるように参加者観戦者みんなで盛り上がるイベントになるといいなー

管理人代理のまま、2016年を迎えてしまいましたが本年もよろしくお願いします。


そういえば1/4に日米交流戦というのをやるらしいです。エキシビジョンマッチ、トッププレイヤーマッチ、交流ロビーマッチなんかがあるらしい。ニコ生やtwitchでも配信されるらしいので気になる人はちょっと調べてみてね
SIG選手の招致ファンディングも行われたアメリカの格闘ゲーム大会NEC16が終了しましたので、その結果について


録画は1試合毎なので、ユーザーかチャンネルページから見たい試合を探してください


優勝はEVO2014の覇者dekillsage選手、準優勝はEVO2015の覇者Sonicfox選手でした!SIG選手は健闘しましたが結果は4位となりました。

今回の大会の総評としては上位二選手のフクアを軸とした戦術と、アシストによる攻め継続が印象的でした。今まで海外ではフクアはそれほど評価されておらず使用している選手もあまりいなかったのですが、今回は上位二選手共にチーム変更をすることがあってもフクアを必ずチーム内に入れて戦いの軸にしている印象がとても強く残りました。
コンボにおいてもある程度アンディジーを使いきってからの中クローンからの補正切りや、アンディジーMAXでの複合アシストを用いた火力伸ばしなど、今までのアメリカのプレイスタイルではあまり見られなかった物が今大会では相当に見られ、EVO2015においてのSIG選手や日本プレイヤーのプレイスタイルの影響を受けているのかな、と個人的には感じました。

少し前の事になりますが、159manさんやjabaraさんなど日本の上級プレイヤーが海外の強豪選手に評価されているツイートなども見受けられ、こういった交流が良い刺激になり日米互いの戦術の良い部分を取り入れて発展していく事ができればいいなと思います。



次の大会はComboBreaker2016になるかEVO2016になるかわかりませんが、まだまだスカルガールズから目が離せないようです。ばいけんさん早く戻って来て海外大会に出てくれー!
ちょっと前に判明したバグが2つ

・ノーダメージアーマーバグ
アーマーの最終フレームで攻撃を受けるとダメージが0になるバグ

アーマー付き技なら全キャラに起こると思われますが主に有用なのはペインホイール
ペインのヘイトレッドガードはボタンを離した時点でアーマー終了フレームになるので

ヘイトレッドガード技ボタン溜め開始→相手がブロックバスターで暗転→暗転時にボタンを離す→0Fやそれに準ずる形で発生した技をダメージ0で受け止める→アーマーで受け止めた瞬間にフライトやデスクロールでキャンセル

単発技ならそのままヘイトレッド技で返すのももちろんOK。こういった形でノーダメージで切り返すことが可能になるので、最後の1ドットでも油断できない感じに
ただし、ヘイトレッドガードのダメージ蓄積&開放は発生しません



・特殊アーマーキャンセルバグ(通称:しだキャン)
イライザの2HKで発生する飛び道具のみ受け止めるアーマーで発生するバグ(しだまさんという方が見つけたので通称しだキャン)
本来飛び道具しか受け止めれないイライザの2HKアーマーですが受け止めた直後のフレームはアーマーブレイク以外の全ての技を受け止める事ができ、なおかつダメージも0になってしまうバグ

2HK飛び道具アーマー開始→相手がブロックバスターで暗転→暗転直後にリバーサルになるように必殺技やブロックバスターを入力→発生した技をダメージ0アーマーで受け止めつつキャンセル必殺技で反撃が可能

上のように暗転でわかりやすくすると再現しやすいが、暗転を挟まなくてもアーマーで受け止めた瞬間にキャンセルできればどんな局面でも使用可能
飛び道具のみ受け止めるアーマーのはずがアーマーブレイク以外の技全てを受け止めることが出来てしまうのがこのバグの強み
おそらくは アーマー発生→相手の攻撃発生→接触→相手の攻撃が飛び道具か否か判定→判定後非アーマー化+ダメージ というプロセスを経ていて、判定時にタイムラグがありこの部分をキャンセルできてしまう様、ダメージが0になるのは前述のノーダメージアーマーバグも重複して発生しているものと思われる。
イライザは打撃無敵のアッパーカートを持っているので、主にここから切り返しての逆転を狙うことが出来るのも強い



両バグ共に暗転0Fの技であっても後出しで対応できてしまうのも戦術的にかなり有効であり、一部キャラのみですが狙うことが出来れば結構強いんじゃないかな
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[11/11 NONAME]
[10/30 NONAME]
[09/30 Fan]
[09/08 とやま]
[12/03 NONAME]
プロフィール
HN:
ばいけん(代理)
性別:
男性
自己紹介:
スカルガ大好き
ついった
https://twitter.com/baiken330
ニコ生コミュ
http://com.nicovideo.jp/community/co1618072
ブログ内検索
忍者カウンター
Copyright (C) 2017 SSKB 2nd encore All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]